殺人事件の調査

探偵と私たちが聞くと、テレビやドラマ、映画に登場して
警察でも解決できないような難事件を解決するというイメージが強く持たれています。

 

そのため探偵に頼めばどんな難事件やトラブルでも
解決してくれそうな印象を持っている方も少なくありません。

 

中にはこれは警察に相談するべきなのでは?と考えられるような依頼や案件を
探偵事務所に持ち込んでくる方もいらっしゃいます。

 

しかしながら実際に探偵に殺人事件や難事件の
解決依頼を引き受けることはできません。
例えば犯罪組織や暴力団への潜入捜査を依頼したいと思った場合でも、
探偵事務所はそのような案件を引き受けることはありません。

 

そういった潜入捜査は警察の仕事であり、
一般の探偵が行うにはあまりにも危険が大きすぎるからです。
万が一素性がばれてしまったときは命を落とす危険性も高くなります。

 

殺人事件が起こり、それがなかなか解決しないときも
探偵事務所に依頼をしようと考えることが出てくるかもしれません。

 

しかしながら探偵が殺人事件の起こった場所を現場検証したり、証拠を探すことは
不法侵入という法律違反に該当するため受けることができないのです。

 

本来警察が引き受けるべき仕事を探偵がしゃしゃり出てしまって、
場合によっては警察の仕事を助けるのではなく
錯乱させたり邪魔するようなことが出てこないとは限りません。

 

何でも探偵が解決できるのではなく、介入できない事例があることを覚えておきましょう。
警察に任せるべき案件は探偵ではなく警察に任せたほうがいいのです。

 

http://www.mikkai.jp/

浮気や素行調査の注意点

浮気調査は探偵事務所に最も多く寄せられる依頼です。
 

 

浮気調査ではターゲットが浮気しているかどうかを尾行調査によって調べて、
その決定的瞬間を写真やビデオカメラに収めるのが主なやり方です。

 

しかしながらなかなか浮気の証拠がなかなかつかめず、
調査が長期化してしまう可能性が考えられます。

 

浮気の証拠をつかむためにどんな手段を使ってもいいわけではありません。
やり方によってはそれが法律に触れてしまうことがあるからです。

 

例えば浮気をしていた証拠を得ようと、浮気相手の家にこっそりと侵入する、
郵便物の中身を勝手にチェックすることは法律に触れてしまいますので、
それが見つかれば探偵が罰せられてしまうのです。

 

確かにそういったやり方で浮気の証拠をつかめるのかもしれませんが、
そのようにして手に入れた証拠をつきつけたとしても、
逆に探偵のやり方が非難されてしまって
立場が逆転してしまう可能性も十分に考えられるのです。

 

せっかく苦労して浮気の証拠を集めることができたとしても、
適切なやり方でなければ浮気をしている配偶者に強い立場で出ることが難しくなります。
そうなればせっかくの浮気調査の結果もムダになってしまうのです。

 

健全な経営を行っている探偵事務所であれば法令順守を徹底していますので、
法律に触れるような調査は絶対に行わないはずです。
依頼者もそれをきちんと理解した上で、浮気調査を依頼する必要がありますし、
探偵事務所に無理強いをしてしまうと依頼者自身の立場も悪くなります。

 

更新履歴